/* Import "PT Sans" font from Google fonts */ /* @import url(http://fonts.googleapis.com/css?family=PT+Sans:400,700); */ /* --------------------------------------------------------------- Note that styles you apply to the main menu items are inherited by the sub menus items too. If you'd like to avoid this, you could use child selectors (not supported by IE6) - for example: .sm-blue > li > a { ... } instead of .sm-blue a { ... } ---------------------------------------------------------------*/ #wholemenu { background : rgb(36, 71, 7); background-image:url(css-gradients-fallback/main-menu-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 7)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 11))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); } .border-top-blue { border-top:10px solid rgb(70,135,7); } #menuwrapper { background : rgb(36, 71, 7); background-image:url(css-gradients-fallback/main-menu-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 7)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 11))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); } /* Menu box ===================*/ .sm-blue { background : rgb(36, 71, 7); background-image:url(css-gradients-fallback/main-menu-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 7)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 11))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 11) 100%); /* -moz-border-radius:8px; -webkit-border-radius:8px; border-radius:8px; -moz-box-shadow:0 1px 1px rgba(0,0,0,0.3); -webkit-box-shadow:0 1px 1px rgba(0,0,0,0.3); box-shadow:0 1px 1px rgba(0,0,0,0.3); */ } .sm-blue-vertical { -moz-box-shadow:0 1px 4px rgba(0,0,0,0.3); -webkit-box-shadow:0 1px 4px rgba(0,0,0,0.3); box-shadow:0 1px 4px rgba(0,0,0,0.3); } .sm-blue ul { border:1px solid #a9a9a9; padding:7px 0; background:#fff; -moz-border-radius:0 0 4px 4px; -webkit-border-radius:0 0 4px 4px; border-radius:0 0 4px 4px; -moz-box-shadow:0 5px 12px rgba(0,0,0,0.3); -webkit-box-shadow:0 5px 12px rgba(0,0,0,0.3); box-shadow:0 5px 12px rgba(0,0,0,0.3); } /* for vertical main menu subs and 2+ level horizontal main menu subs round all corners */ .sm-blue-vertical ul, .sm-blue ul ul { -moz-border-radius:4px; -webkit-border-radius:4px; border-radius:4px; } /* Menu items ===================*/ .sm-blue a { padding:13px 24px; color:#fff; font-size:18px; line-height:23px; font-family:"PT Sans","Arial Narrow",Arial,Helvetica,sans-serif; font-weight:bold; text-decoration:none; text-shadow:0 1px 0 rgba(0,0,0,0.3); } .sm-blue a:hover, .sm-blue a:focus, .sm-blue a:active, .sm-blue a.highlighted { background:#1983af; /* Old browsers */ background-image:url(css-gradients-fallback/main-item-hover-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(80, 164, 12) 0%,rgb(36, 71, 7) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top, left bottom,color-stop(0%,rgb(80, 164, 12)),color-stop(100%,rgb(36, 71, 7))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(80, 164, 12) 0%,rgb(36, 71, 7) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(80, 164, 12) 0%,rgb(36, 71, 7) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(80, 164, 12) 0%,rgb(36, 71, 7) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(80, 164, 12) 0%,rgb(36, 71, 7) 100%); color:#fff; } .sm-blue-vertical a { padding:9px 40px 8px 23px; background:#3193c0; /* Old browsers */ background-image:url(css-gradients-fallback/vertical-main-item-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 12) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 12)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 12))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 12) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 12) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 12) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 12) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); } .sm-blue ul a { padding:9px 40px 8px 23px; background:transparent; color:rgb(36, 71, 7); /*font-size:16px;*/ font-size:18px; text-shadow:none; } .sm-blue ul a:hover, .sm-blue ul a:focus, .sm-blue ul a:active, .sm-blue ul a.highlighted { background:#3193c0; /* Old browsers */ background-image:url(css-gradients-fallback/main-menu-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 9) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 9)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 12))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 9) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 9) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 9) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 9) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); color:#fff; text-shadow:0 1px 0 rgba(0,0,0,0.3); } /* current items - add the class manually to some item or check the "markCurrentItem" script option */ .sm-blue a.current, .sm-blue a.current:hover, .sm-blue a.current:focus, .sm-blue a.current:active, .sm-blue ul a.current, .sm-blue ul a.current:hover, .sm-blue ul a.current:focus, .sm-blue ul a.current:active { background:#006892; background-image:url(css-gradients-fallback/current-item-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 14) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 14)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 12))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 14) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 14) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 14) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 14) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); color:#fff; text-shadow:0 1px 0 rgba(0,0,0,0.3); } /* round the left corners of the first item for horizontal main menu */ .sm-blue > li:first-child > a { -moz-border-radius:8px 0 0 8px; -webkit-border-radius:8px 0 0 8px; border-radius:8px 0 0 8px; } /* round the corners of the first and last items for vertical main menu */ .sm-blue-vertical > li:first-child > a { -moz-border-radius:8px 8px 0 0; -webkit-border-radius:8px 8px 0 0; border-radius:8px 8px 0 0; } .sm-blue-vertical > li:last-child > a { -moz-border-radius:0 0 8px 8px; -webkit-border-radius:0 0 8px 8px; border-radius:0 0 8px 8px; } .sm-blue a.has-submenu { } /* Sub menu indicators ===================*/ .sm-blue a span.sub-arrow { position:absolute; bottom:2px; left:50%; margin-left:-5px; /* we will use one-side border to create a triangle so that we don't use a real background image, of course, you can use a real image if you like too */ width:0; height:0; overflow:hidden; border-width:5px; /* tweak size of the arrow */ border-style:solid dashed dashed dashed; border-color:#a4cde1 transparent transparent transparent; } .sm-blue-vertical a span.sub-arrow, .sm-blue ul a span.sub-arrow { bottom:auto; top:50%; margin-top:-5px; right:15px; left:auto; margin-left:0; border-style:dashed dashed dashed solid; border-color:transparent transparent transparent #a4cde1; } /* Items separators ===================*/ .sm-blue li { /*border-left:1px solid #1a8bb9;*/ border-left:1px solid rgb(36, 71, 7); } .sm-blue li:first-child, .sm-blue-vertical li, .sm-blue ul li { border-left:0; } .sm-blue a img, .sm-blue a div{ vertical-align:middle; padding-right:0px; margin-right:12px; } .sm-blue a+div{ display:none; color:#000; padding:13px 24px; /*font-size:16px;*/ font-size:18px; line-height:23px; font-family:"PT Sans","Arial Narrow",Arial,Helvetica,sans-serif; font-weight:bold; text-decoration:none; text-shadow:0 1px 0 rgba(0,0,0,0.3); } .sm-blue a:hover+div{ display:block; } /* Scrolling arrows containers for tall sub menus - test sub menu: "Sub test" -> "more..." -> "more..." in the default download package ===================*/ .sm-blue span.scroll-up, .sm-blue span.scroll-down { position:absolute; display:none; visibility:hidden; overflow:hidden; background:#ffffff; height:20px; /* width and position will be automatically set by the script */ } .sm-blue span.scroll-up-arrow, .sm-blue span.scroll-down-arrow { position:absolute; top:-2px; left:50%; margin-left:-8px; /* we will use one-side border to create a triangle so that we don't use a real background image, of course, you can use a real image if you like too */ width:0; height:0; overflow:hidden; border-width:8px; /* tweak size of the arrow */ border-style:dashed dashed solid dashed; border-color:transparent transparent rgb(70,135,15) transparent; } .sm-blue span.scroll-down-arrow { top:6px; border-style:solid dashed dashed dashed; border-color:rgb(70,135,15) transparent transparent transparent; } /* --------------------------------------------------------------- Responsiveness These will make the sub menus collapsible when the screen width is too small. ---------------------------------------------------------------*/ /* decrease horizontal main menu items left/right padding to avoid wrapping */ @media screen and (max-width: 850px) { .sm-blue:not(.sm-blue-vertical) > li > a { padding-left:18px; padding-right:18px; } } @media screen and (max-width: 750px) { .sm-blue:not(.sm-blue-vertical) > li > a { padding-left:10px; padding-right:10px; } } @media screen and (max-width: 640px) { /* The following will make the sub menus collapsible for small screen devices (it's not recommended editing these) */ ul.sm-blue{width:auto !important;} ul.sm-blue ul{display:none;position:static !important;top:auto !important;left:auto !important;margin-left:0 !important;margin-top:0 !important;width:auto !important;min-width:0 !important;max-width:none !important;} ul.sm-blue>li{float:none;} ul.sm-blue>li>a,ul.sm-blue ul.sm-nowrap>li>a{white-space:normal;} ul.sm-blue iframe{display:none;} /* Uncomment this rule to disable completely the sub menus for small screen devices */ /*.sm-blue ul, .sm-blue span.sub-arrow, .sm-blue iframe { display:none !important; }*/ /* Menu box ===================*/ .sm-blue { background:transparent; -moz-box-shadow:0 1px 4px rgba(0,0,0,0.3); -webkit-box-shadow:0 1px 4px rgba(0,0,0,0.3); box-shadow:0 1px 4px rgba(0,0,0,0.3); } .sm-blue ul { border:0; padding:0; background:#fff; -moz-border-radius:0; -webkit-border-radius:0; border-radius:0; -moz-box-shadow:none; -webkit-box-shadow:none; box-shadow:none; } .sm-blue ul ul { /* darken the background of the 2+ level sub menus and remove border rounding */ background:rgba(100,100,100,0.1); -moz-border-radius:0; -webkit-border-radius:0; border-radius:0; } /* Menu items ===================*/ .sm-blue a, .sm-blue a:hover, .sm-blue a:focus, .sm-blue a:active, .sm-blue a.highlighted { padding:10px 5px 10px 28px !important; /* add some additional left padding to make room for the sub indicator */ background:#3193c0; /* Old browsers */ background-image:url(css-gradients-fallback/vertical-main-item-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 10) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 10)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 12))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 10) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 10) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 10) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 10) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); color:#fff; } .sm-blue ul a, .sm-blue ul a:hover, .sm-blue ul a:focus, .sm-blue ul a:active, .sm-blue ul a.highlighted { background:transparent; color:rgb(70,135,15); text-shadow:none; } .sm-blue a.current, .sm-blue a.current:hover, .sm-blue a.current:focus, .sm-blue a.current:active, .sm-blue ul a.current, .sm-blue ul a.current:hover, .sm-blue ul a.current:focus, .sm-blue ul a.current:active { background:#006892; /* Old browsers */ background-image:url(css-gradients-fallback/current-item-bg.png); background-image:-moz-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-webkit-gradient(linear,left top,left bottom,color-stop(0%,rgb(36, 71, 7)),color-stop(100%,rgb(80, 164, 12))); background-image:-webkit-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-o-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:-ms-linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); background-image:linear-gradient(to top,rgb(36, 71, 7) 0%,rgb(80, 164, 12) 100%); color:#fff; } /* add some text indentation for the 2+ level sub menu items */ .sm-blue ul a { border-left:8px solid transparent; } .sm-blue ul ul a { border-left:16px solid transparent; } .sm-blue ul ul ul a { border-left:24px solid transparent; } .sm-blue ul ul ul ul a { border-left:32px solid transparent; } .sm-blue ul ul ul ul ul a { border-left:40px solid transparent; } /* round the corners of the first and last items */ .sm-blue > li:first-child > a { -moz-border-radius:8px 8px 0 0; -webkit-border-radius:8px 8px 0 0; border-radius:8px 8px 0 0; } /* presume we have 4 levels max */ .sm-blue > li:last-child > a, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > a, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > a, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > a, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > a, .sm-blue > li:last-child > ul, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul { -moz-border-radius:0 0 8px 8px; -webkit-border-radius:0 0 8px 8px; border-radius:0 0 8px 8px; } /* highlighted items, don't need rounding since their sub is open */ .sm-blue > li:last-child > a.highlighted, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > a.highlighted, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > a.highlighted, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > a.highlighted, .sm-blue > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > ul > li:last-child > a.highlighted { -moz-border-radius:0; -webkit-border-radius:0; border-radius:0; } /* Sub menu indicators ===================*/ .sm-blue a span.sub-arrow, .sm-blue ul a span.sub-arrow { top:50%; margin-top:-9px; right:auto; left:6px; margin-left:0; width:17px; height:17px; font:bold 16px/16px monospace !important; text-align:center; border:0; text-shadow:none; background:rgba(0,0,0,0.1); -moz-border-radius:100px; -webkit-border-radius:100px; border-radius:100px; } /* Hide sub indicator "+" when item is expanded - we enable the item link when it's expanded */ .sm-blue a.highlighted span.sub-arrow { display:none !important; } /* Items separators ===================*/ .sm-blue li { border-left:0; } .sm-blue ul li { border-top:1px solid rgba(0,0,0,0.05); } .sm-blue ul li:first-child { border-top:0; } }
フォローしてください
4dots Software

Shareware and free Open Source Windows Software Applications and free Online Tools

Video Joiner Expert Iconユーザーズマニュアル - Video Joiner Expert

Free for personal use only

ユーザーズマニュアル Video Joiner Expert

Video Joiner Expert - Main Screen

参加する動画を指定する方法

参加するビデオを指定するには:

ボタンを押して,メイン画面から,(1)「ビデオを追加」してから,追加したい動画ファイルを選択します。 [フォルダの追加]ボタン(2)を押して,特定のフォルダの完全なビデオコンテンツを追加することもできます。

また,その後,「ファイル」メニューから「参加するためにビデオのリストを入力します」を選択し,テキストボックスにファイルパスのリストを入力する動画を追加することができます。

結合するために追加されたビデオファイルがグリッド(8)に表示されます。あなたはそれらを選択し,プレーヤーの再生ボタンを押すことで,グリッド上の埋め込みビデオプレーヤー(9)でビデオを見ることができます。

ビデオファイルやビデオファイルを含むフォルダをドラッグアンドドロップして追加することもできます。

リストからのビデオファイルを削除するには,グリッドでそれを選択し,「削除」ボタン(3)を押します。リストからすべてのビデオを削除するには,「削除」ボタン(4)を押します。

ユニオン内のビデオの順序を指定することもできます。単純グリッドでビデオを選択して,(6)または「上へ移動」「下へ移動」(5)ボタンを押してください。

グリッド上のビデオを選択した後,マウスの右クリックで,あなたは,ビデオを再生して開き,ビデオファイルをスキャンし,全体のビデオファイルや表示情報をコピーすることができ,メニューにアクセスすることができます。

ユニオンビデオの出力形式を指定する方法

あなたがビデオを団結された指定した後,メイン画面の「ビデオに参加する」(&)ボタンを押してください。

そして,あなたは,出力形式,さまざまなエンコードオプションと組み合わせたビデオが表示されます持っている必要があり,他の機能を指定することができ,新たな画面。

Video Joiner Expert - Main Screen

まず,出力形式プロファイルを指定する必要があります。左(1)上のリストから出力プロファイルのカテゴリを選択し,右側のリストから特定の出力プロファイルを選択します(2)。

あなたは,「プロファイルの編集」(3),「新規プロファイル」を押して,新しいプロファイルを追加(4)を押してプロファイルを編集したり,「プロファイルの削除」を押してプロファイルを削除することができます(5)。

さまざまなコーディングオプションやその他の機能は,タブ(6)で変更することができます。タブの最初のページでは,タブの3ページ目にあなたはffmpegのとエンコーディングのための追加のパラメータを指定することができ,2つ目のタブのオプションオーディオコーディングに,ビデオエンコーディングを設定することができ,二段階(使用エンコーディングパラメータ2つのステップ),特定のファイルサイズの共用体を実現します。タブの第四ページでは,オーディオのミックスや組合を交換する必要があるオーディオファイルを指定することができます。タブの5ページ目には,ビデオに描かれるテキストを指定することができます。タブの6番目のページで,マージされたビデオに描画されるオーバーレイ画像を指定できます。最後に,タブの最後のページに,あなたは彼らがまったく同じフォーマットとサイズを持っている場合にのみ,「クイックコネクト」を使用して,はるかに高速ビデオに参加することを選択することができます。

あなたは(&)接合プロセスを開始するには,「OK」ボタンを押すと,すべての出力形式のオプションを指定した後。ビデオの組み合わせをキャンセルする場合は,[キャンセル]ボタン(8)を押します。

ビデオ出力プロファイルを編集する方法

Video Joiner Expert - Video Output Profile

あなたは,「出力フォーマットに「プロフィールの編集」(3),「新規プロファイル」を押して,新しいプロファイルを追加(4)または(5)「プロファイルの削除」を押してプロファイルを削除するを押してプロファイルを編集することができます"

プロファイルを編集するときは,固有のプロファイル名を入力する必要があります(1),プロファイルタグ(2)と,このリストのためのFFmpeg(3)のパラメータも。 Video Joiner Expertは,FFMPEGというアプリケーションを使用してビデオに参加します。

生成されるファイルのファイル拡張子(4)とこのプロファイルのカテゴリ(5)も入力します。

最後に,「保存」ボタン(6)を押してプロファイルを保存し,「閉じる」ボタン(&)を押して画面を閉じます。

ユニオンの超高速プレビューを生成する方法

ユニオンの超高速プレビューを生成するには,メイン画面の "Joinビデオ"ボタンを押して, "Join of Preview - Ultra Easy"というプロファイルを選択します。次に, "OK"ボタンを押すと,ユニオンのプレビューが生成されます。

参加するビデオに描かれるテキストを指定する方法

Video Joiner Expert - Draw Text on Video

添付されたビデオにテキストを描画するには,出力形式画面の6番目のタブのページで[テキストを描画]ボックス(1)をオンにします。

次に,テキストボックス(2)に描画するテキストを入力します。特定の期間だけテキストが表示されるようにするには,「瞬間から」(3)または「時刻に」(4)のチェックボックスをオンにし,時間値を入力します。テキストフォント(5),フォントサイズ(6),フォント色(8)を選択します。テキストに影を付ける場合は,「影」(9)のボックスをチェックし,右のボタンを押して影の色を指定します。

「中」、「トップ」、特定のXとYのピクセル値を入力するか、「センター」、「左」、「右」を選択することで、どちらか(&)描画するテキストの位置を指定し、「湖底」e.t.c.

xとyパラメータの式で受け入れられる変数と関数は次のとおりです。

入力画面のアスペクト比は, (w /h) * sar
hsub,vsubは,水平および垂直クロマのサブサンプル値である。例えば,ピクセルフォーマット yuv422p hsubは2,vsubは1です
line_h,lh各テキスト行の高さ
main_h,h,Hエントリーの高さ
main_w,w,Wエントリーの幅
max_glyph_a, プロモーション ベースラインから,配置に使用された最高/最高グリッドの座標までの最大距離 表現されたすべてのグリフのグリフ境界点。グリッドによる正の値
max_glyph_d, 子孫 ベースラインからグリフを配置するために使用される最小グリッド座標までの最大距離 すべてのレンダリングされたグリフに対して輪郭の点。グリッドのために負の値
max_glyph_hグリフの最大高さで,グリフの最大高さです。 レンダリングされたテキストは,ascent - descentと同じです。

max_glyph_wグリフの最大幅。グリフの最大幅は,グリフの最大幅です。 レンダリングされたテキスト
nエントリフレーム番号,0から開始
rand(min,max)は最小値と最大値の間に含まれる乱数を返します
sarのアスペクト比
t日時の表示(秒単位),NANの入力日時が不明な場合
text_hまたは借用したテキストの高さ
text_wまたはtwレンダリングされたテキストの幅
テキストが描画される座標x,yx,yは,これらのパラメータによってxとy 式はお互いを参照するので,例えばy = x /giveと指定することができます

テキストは,リストのスクロール方向を指定することによっても移動できます(10)。スクロール速度(11)を設定することもできます。

バインディングファイルのオーディオをミックス,置換,またはミュートする方法

Video Joiner Expert - Mix or replace Audio

バインディングファイルのオーディオを別のオーディオファイルと混在または置換するには,出力フォーマット画面の5番目のタブのページで,「オーディオの置換」または「オーディオのミックス」(2)をオンにします。次に,テキストボックス(1)で使用されるオーディオファイルも入力します。オーディオファイルが混在している場合は,混在オーディオファイルの音量を指定することもできます(3)。音量はパーセンテージ(%)またはデシベル単位の値(dB)でなければなりません。たとえば,「30%」または「10dB」です。

また,出力形式画面の[オーディオ]タブページの[ミュート]ボックスをチェックすることで,バインディングファイルのオーディオ全体をミュートすることもできます。

特定のファイルサイズの組み合わせファイルを生成する方法

Video Joiner Expert - Mix or replace Audio

特定のファイルサイズのコンビネーションファイルを生成するには,出力形式画面のビデオオプションで「2回のパス」チェックボックスをオンにし,「出力ファイルサイズツールとビットレート」も使用する必要があります。

メイン画面で,「ツール」メニューから「出力ファイルサイズとビットレートツールを設定する」を選択します。

次に,新しい画面が表示され,目的のジャンクション(1)のファイルサイズを入力します。このファイルサイズに必要なビデオビットレートを計算する場合は,「ビデオビットレート」(2)の左側のチェックボックスをオンにし,オーディオビット周波数値(4)を入力します。このファイルサイズに必要なオーディオビットレートを計算する場合は,「オーディオビットレート」(2)の左側にあるチェックボックスをオンにして,ビデオビットレート値(3)を入力します。また,ビデオファイルの出力形式(5)も指定します。最後に,「ビットレートの計算」ボタン(6)を押します。ツールは,ユニオンファイルが指定されたファイルサイズになるために必要なビットレートを計算するようになりました。これらのビットレートを出力フォーマット画面に設定するには,「ビットレートの設定」ボタン(&)を押します。

特定の組み合わせのファイルサイズを実現するには,2段階のビデオエンコードを使用する必要があります。

参加する動画のリストをインポートする方法

Video Joiner Expert - Import Join Lists

参加するビデオのリストをインポートするには,メイン画面で,メニュー「ファイル」から「ビデオをテキストファイルから読み込む」(1)を選択して,テキストファイルからビデオのリストをインポートするか,「Excelファイルからビデオを読み込む」 (3)Excelファイルからビデオのリストをインポートする,または「CSVファイルからビデオをインポートする」(2)を使用して,CSVファイルから参加するビデオのリストをインポートします。

ビデオファイルのパスは,リストファイルの各行にある必要があります。 ExcelまたはCSVファイルのファイルパスの列を指定することもできます。

ファイルメニューの「現在の選択を保存」(5)を選択すると,現在追加されているビデオのテキストファイルのリストが保存されます。これは後でこのリストを再利用する場合に便利です。上記のように,このリストをインポートすることができます。

アプリケーションのオプションを構成する方法

Video Joiner Expert - Import Join Lists\

アプリケーションのいくつかのオプションを設定するには,[オプション]メニューを使用します。

参加プロセスが終了したときに何が行われるかを指定するには,「終了しました」メニュー(4)からオプションを選択します。アプリケーションは,一時停止,休止,ログアウト,e.t.cファイルの探索をオフにすることができます。組合プロセスが正常に終了したとき。

自動的に参加するファイルのために生成されるファイル名の形式を指定するには,「オプション」メニューから「オプション」(3)を選択します。

デフォルトでは,拡張子を持たないファイルの名前は[FILENAME] _joinという形式になります。 [FILENAME] は,最初のビデオの拡張子のないファイル名を表します。

この画面では,同じ名前のファイルが既に存在する場合に何が起きるかを指定することもできます。上書きされた場合は省略され,名前が変更されたり,接頭辞が追加されたり,接尾辞e.t.cが追加されたりします。

[オプション]メニューの[出力ファイルの設定](1)を選択すると,結合の特定の出力ファイル名を設定することもできます。

ユニオンから生成されたビデオを簡単にテストしてアクセスする方法

Video Joiner Expert - Access Join File

参加プロセスが終了したら,メニュー "Tools", "Play last output file"(3)を選択すると,内蔵のプレーヤーでビデオを再生することができます。 「最後の出力ファイルを開く」(4)を選択すると,デフォルトのビデオプレーヤーである「最後の出力ファイルをブラウズする」(5)が開き,Windowsエクスプローラでビデオファイルが開きます。また,「最後の出力ファイルの完全なファイルパスをコピーする」(6)を選択することもできます。これにより,生成されたリンクの完全なファイルパスがクリップボードにコピーされます。最後に,「最終出力ファイルのビデオ情報」(&)を選択して,生成されたビデオバインディングファイルに関する情報を表示することができます。

多数の動画をバッチでグループ化する方法

多くの動画をバッチするには,メイン画面の[ツール]メニューから[バッチ結合](1)を選択します。

次に,ジャンクションのデフォルト出力形式を指定する必要があります。後で明示的なジャンクション出力形式を指定することもできます。

Video Joiner Expert - Batch Join

表示される新しいでは,バッチの組み合わせとジャンクション出力ファイルのパスのビデオファイルのリストを入力する必要があります。

グリッドの[Join video files paths]列(5)に,組み合わせごとに結合されるビデオファイルを入力します。各行にファイルパスを入力します。 「ビデオ出力」欄(6)に,生成されたユニオンビデオのファイルパスを入力します。空白のままにすると,アプリケーションが自動的にファイルを生成します。 [出力形式]列(&)のボタンを押して,この結合の明示的な出力形式のプロパティを設定します。

バッチ・ユニオンに新しいユニオンを追加するには,「追加」ボタン(1)を押します。次に,新しい行がグリッドに追加されます。 "Delete"ボタン(2)を押して組み合わせを削除し, "Delete"ボタン(3)を押してグリッドを消去します。

ビデオファイルやビデオファイルを含むフォルダをドラッグアンドドロップして追加することもできます。

最後に,「Batch Join」ボタン(4)を押すと,バッチ処理が開始されます。

バッチ接続のバッチリストをインポートする方法

バッチ組み合わせのバッチリストをインポートするには,「インポート」メニューから「テキストファイルからバッチリストをインポートする」,「バッチリストをExcelファイルからインポートする」,または「CSVファイルからバッチリストをインポートする」を選択します。

テキストファイルまたはCSVファイルからバッチリストをインポートする場合の形式は次のとおりです。最初の行に,共用体ファイルの出力パスを入力し,次に続く各行に,共用体の一部となるビデオを入力します。その後,空白行を入力し,次の行に次の共用体のデータを続けます。

アプリケーションを登録して購入する方法

Video Joiner Expert - Register - Buy あなたは私たちのサイトで製品ページにアクセスし、当社のアプリケーションを購入してから、「購入」ボタンを押すことができます。
またアプリケーションを起動して[購入]ボタンを押すだけで、店舗のWebページにリダイレクトされます。 (2)
アプリケーションを購入した後、数分以内に登録コードが電子メールで送信されます。
アプリケーションを登録し、すべての機能のロックを解除し、ナグ画面を削除するに単に「登録」ボタン(1)を押してください。 Video Joiner Expert - Register - Buy
Then in the registration screen enter the registration code in the textbox and press on the "Register" button (1).

How to change user interface language

When the application is first started it asks you for your desired user interface language.

You can also change the user interface language from the "Language" menu.







BackBack