Batch HTML Validator - 使い方 - バッチ W3C バリデータ修正
フォローしてください
4dots Software

Batch HTML Validator Iconユーザーズマニュアル - 使い方 - Batch HTML Validator

Batch HTML Validatorを使用する方法

Batch HTML Validator - Main Screen

Batch HTML Validator を使用するには :

1. 確認または検証したいURLまたはファイルを、メインテキストボックス(1)に入力します。

或いは、[インポート]メニューを使用してテキストファイル、Excelファイル、CSVファイル、またはXMLサイトマップファイルから検証するファイルのURLのリストをインポートすることもできます。

2. [HTML検証]ボタンを押します (2)

3. プロセスが終了するのを待ったら検証結果画面が表示されます。

検証結果を調べる方法

Batch HTML Validator - Validation Result Screen

検証が終了したら、各Webページ毎のエラーと警告、検証の統計を参照できます、そして編集域にエラーと警告が強調表示されます。

[エラーと警告] タブ(1)にはエラーや警告を受けたWebページを含みます、[警告のみ] タブには警告のみを持つWebページを含みます、[成功] タブには有効なWebページを含みます、[ダウンロードエラー] タブにはダウンロードプロセス中にエラーが発生したWebページを含みます。

ツリー構造をクリックするとこの特定のWebページのエラーまたは警告が表示されます。

エラーまたは警告をダブルクリックすると、エディタで開くことができます。

検証結果画面下側に検証統計を参照できます。

検証結果レポートの保存方法

検証結果レポートを保存するには、検証結果画面の上側にある[レポート保存]ボタン(2)を押します。

編集域で強調表示されているエラーと警告の表示方法

Batch HTML Validator - Main Screen

編集域に強調表示されている特定Webページのエラーと警告を表示するには、ツリー構造をクリックし、エラーをダブルクリックします。

編集域が開き、エラーと警告のリストを参照できます(1)

リスト(1)の項目をクリックするとエディタはこのエラーにスクロールダウンします。

エラーと警告HTMLコードが強調表示されています。
エラーは黄色の背景色で強調表示され、警告はオレンジ色の背景色で強調表示されます。

ユーザーインターフェイスの言語を変更する方法

アプリケーション多言語と39の異なる言語に翻訳されています。

アプリケーションを登録して購入する方法

Simple Disable Key - Register - Buy あなたは私たちのサイトで製品ページにアクセスし、当社のアプリケーションを購入してから、「購入」ボタンを押すことができます。
またアプリケーションを起動して[購入]ボタンを押すだけで、店舗のWebページにリダイレクトされます。 (2)
アプリケーションを購入した後、数分以内に登録コードが電子メールで送信されます。 Simple Disable Key - Register - Buy
アプリケーションを登録し、すべての機能のロックを解除し、ナグ画面を削除するに単に「登録」ボタン(1)を押してください。 次に、登録画面で、テキストボックスに登録コードを入力し、「登録」ボタン(1)を押します。

ユーザーインターフェイスの言語を変更する方法

アプリケーションが最初に起動されると、必要なユーザーインターフェイス言語が尋ねられます。

「言語」メニューからユーザーインターフェイスの言語を変更することもできます。

必要なソフトウェア

このアプリケーションを動作させるには、.NET 2.0ランタイム環境とJavaランタイム環境が必要となります。

Javaランタイムをこちらからインストールできます: https://java.com/en/download/







BackBack